東京電機大学 東京千住キャンパス
     物理系列/物質工学専攻
Copyright 1998-2016 Nagasawa. All rights reserved.
ちょっぴり詳しく

研究概要
 当研究室では物質の性質と特徴を基礎的な立場から解明する研究(基礎物性研究)を実験的手段を用いて行っています。
主に、擬1次元導体と超伝導体の電気・熱的特性が低温・高圧・磁場などを組み合わせた複合的な特殊環境下でどのように変化するかを調べていますが、最近では2つの固体の接触界面で発生する摩擦の研究、微細加工によるディバイス作製、新しい測定方法の開発、などにも力を入れています。

電子物理研究室で研究するためには・・・
 卒業研究の学生として工学部環境化学科(ES科)の4年生の受け入れて指導をしています。詳細は3年生の9〜10月に行われるES科卒業研究の説明会および研究室訪問の際にお尋ねください。先例はありませんが、他の学部/学科・コース・学系に所属している学生でも本人のやる気と所属長からの要請があれば柔軟に対応します。経験的には、講義での「物理」が少々苦手な人でも当研究室での研究にはあまり大きな支障はないようです。また、大学院では工学研究科物質工学専攻(S専攻)に所属していますので、S専攻の学生の受け入れと指導が可能です。詳しくは研究テーマ研究室訪問へもどうぞ。